幸運の枝

花嫁は兄を殺した憎むべき一族の娘。
いくら欲望に駆られようと結婚はできない。

ロス・カマーケルはメガン・サザーランドと結婚せよ。
さもなくば、カーマイケル一族全員を処刑する。
国王からの親書を受取ったロスは息をのんだ。
国王は対立する両家を婚姻により若いさせるつもりらしい。
ロスも父と同様、無くなったライオンはサザーランドの者によって
殺されたと確信していた。
なぜそんなやつらと姻戚関係を結ぶ必要がある?
しかし、王命に逆らうことは不可能だ。
ならば、真相を突き止め、あの一族の罪を暴き立ててやる!
ところがそんな決意を秘めたロスに対して
メガンは彼との結婚を心待ちにしていた。
美しい英雄の逸話を聞いていた彼女は、会う前からロスに恋していた。
そしてひそかに誓ったのだ。きっと彼を振り向かせてみせる、と


一つのテーマとして「嘘をついてはいけない」
というのをロスはメガンに力説するのですがもう一つのテーマとして
「時によっては嘘をつく必要がある」
というものがあります

テーマとは離れてメガンの必死な態度は
読む人に共感、優しい気持を誘います。
ラストの真実を知った後のロスの行動は
辛い物であったと思います。一生嘘をつき続けなくては
いけなくなったわけですから

メガンの妹の子供として「キアラン」が出てきますが
これは後の 永遠の炎 の主人公であります

どこかで聞いた事があるなあ……誰だったけと悩む事数分。

「あ、あの童貞男だ。童貞!」

つまりはキアランは非摘出、結婚前の両親の子供(その前に二人共死亡)
ということを心の傷に持ち復讐を企てるのでありますが
やられるロスはたまらないでありましょう。この一冊を読んでから
永遠の炎を読むと、ロスの苦悩がさらに濃く感じるのではないでしょうか

題の「幸運の枝」とは七かまどの枝のことでありまして
これは七回燃やしても灰にならないといわれている硬い木で
強い呪力を持つ物といわれています
↑勿論これを戦士のロスが信じるわけもなく……
 が物語では重要なアイテムとなっていきます

まずはずれはない一冊であります
冒険活劇的な部分もあります
楽しめる一冊をお探しの方に





台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

レディの条件

父の名代としてニール卿の結婚式に出向いたガレスはその道中、正体の知れぬ賊の一団の襲撃を受け、傷を負う。ようやくニール卿の城に到着すると、彼は何者かに殺されていた。どういうことだ?犯人を突きとめなければ。そう決意したものの、傷のせいで昏睡状態に陥り、地元の金細工師の家で看護を受ける身となる。世話をしてくれたのは、金細工師の孫娘アリ。死んだニール卿の花嫁となるはずだった美しい娘だ。一度目の結婚で煮え湯を飲まされたガレスは、美女には懲りていた。この娘も亡き妻と同じで、美貌を武器にのし上がろうとしたのか。


愛のサマーヴィルシリーズ。
長男ガレスの物語であります

お堅い後継ぎ息子のガレスが何故金細工の娘と結婚したのか
非常に疑問であったのですが
その当たりの経緯が細かく描かれています

家事能力が全くないヒロインというのも珍しいであります
金細工の腕についてはあまり記載がありませんが
アート系の才能は多い人であるようです

出会ったその日にベッドに連れ込んだルーアークとは違い
非常にゆっくりとことを進めるガレス。
やっぱり好みではないですが……
絶対読んでいただきたい一冊ではあります。



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

夢見た騎士

エドワード黒太子に従って、ルーアークがフランスに渡って三年。つらい戦闘と行軍の日々が続いていた。ある日偶然、窮地の姫君を救った彼は、その顔を見て驚いた。ローナ!いや、ローナは死んだ。しかしなんと似ているのか。菫色の瞳の姫の名はローラン。名前まで亡き婚約者に似ている。ルーアークは一目で彼女が気に入ってその日のうちに司祭を呼び、姫君を妻にした。だが南部フランスの言葉がわからない彼は名前を聞き違えていた。彼女は呪われた一族の血を引くガブリエル・ド・ローランだった。


愛のサマーヴィルシリーズ。第一作。
ついにルーアーク様の本を手にいいれることができました!

文字通り「激情型」の結婚でありまして
ガヴィの苦労が目に浮かぶようであります。
ある意味ルーアークには一番お似合い? それを本能的に
察知してその日の内に結婚に持ち込む辺りは
流石はルーアーク様であります

また三男なのに城を持っているルーアークの謎? も
ようやく分かります。
彼が戦士の理由。戦い続ける理由と
その戦いを止める為にガヴィと父ジェフリーが取った行動は
我々の常識を超えるものであります
すごいーーーーと華やかな終焉に
度肝を抜かれること間違いありません

ヒストリカルの歴史に燦然と輝く名作であります
何度読んでも飽きる事はないと思います



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

呪われた誓約

ライオン・サザーランド! 私の息子の父親!
ロウイーナはかつての恋人との再会に動揺した。
六年前ライオンに去られ、呆然とする彼女に
ガン族の族長パドレイグが結婚を申し込んだ。
妊娠していたロウイーナは、受け入れるしか道はなかった。
何より彼は、おなかの子供を実の子供として育てると約束したのだ。
だが、夫が何者かに殺された今、彼女を取り巻く状況は変った。
新しい族長となった息子のパドレイクはまだ五歳。
しかも、その族長の地位をパドレイクの弟が狙っている。
もしパディの父親がパドレイグでないと知られたら
パディもロウイーナも、間違いなく即座に殺されるだろう。
一方ライオンは、そんな彼女の苦悩を知らず、決意に燃えていた。
ロウイーナを取り戻したい。いや、なんとしても取り戻すのだ!


当時元気な子供といのは非常に貴重な物。
パドレイクが父親の血筋と母親を見て
「この子供が欲しい!」と思うのは
今なら信じられないかもしれませんが
ある意味自然な感覚かもしれません

半分以上の展開は狭い城の中で行なわれます
その分ちょっと窮屈? な印象がありました
隠された秘密、謎が明かされる内に
物語は進んで行くのですが
スザーン・バークレイの本のなかでは
ハズレに入るかと思います
ちょっと暗いです。

が、サザーランドの長兄、ライアンの話は
読んでおかねばならぬところ。微妙であります
深く読み込まないで軽く午後辺りに読むと良いかもしれません




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

戦いの終わり

ならず者の集団が、騎馬の兵士達に突然襲いかかり
アリス・サマーヴィルの目の前で激しい戦いが繰り広げられた。
気がつくと、護衛についていたレイナルフ郷とその家臣の姿はなく、
アリスは囚われの身となっていた。しかもあろうか、
彼らを率いる人物はゴウエイン・フィッツウオレン!
レイナルフに征伐されるはずの極悪非道の罪人ではないか。
幸いにも彼らは地味な身なりのアリスを尼僧と勘違いし、
アリスも誤解を解かずに、薬草の知識を生かしてけが人の手当てをした。
それでも常にゴウエインの冷たい緑色の瞳が彼女の行動を追っていた。
ところが彼らの隠れ家に向かう途中、ゴウエインは意外な優しさを見せた。
足をいためたアリスを抱きかかえて険しい山道を登ったのだ。
どうも聞いていた話と違う。ならず者達の事情を知るうちに
ゴウエインに対するアリスの思いは熱く深い愛へと変わっていった。


故スザーン・バークレイの愛のサマーヴィルシリーズとなれば
読まねばならないでしょう……と購入
毎回ストーリーの舞台を大きく変える女史でありますが
今回は「洞窟」でありました
安心して楽しめる一冊かと思います
ラストも単なるハッピーエンドではなく
読者が納得するような
ストーリー展開が用意されています

是非一度手に取って欲しい一冊だと思います
また愛のサマーヴィル一作目の主人公ルーアーク様も微妙ながら登場★
ファンとしては嬉しい限りであります
兄さんかっこいいーーーーー

であります




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

永遠の炎

ローレルは夢を見ていた。毎夜繰り返される黒い馬に乗った男の夢。「あなたは誰なの?なぜここに来たの?」彼女の問いかけに、鎧で身を固めた馬上の男が振り返る。「すべてを手に入れるためだ。おまえのすべてを」やめて!目が覚めたあともローレルの動揺はおさまらなかった。あのすみれ色の暗い瞳は、忘れたくても忘れられない。彼女の祖父が統治するエデンの谷は、近隣の賊たちに狙われている。あの夢の男は、賊の一人なのだろうか?やがてその男の正体が明らかになった。キアラン・サザーランド―この地を守るために雇われた傭兵、そしてローレルの夫となるはずの人物だった。夢が現実となると知って、ローレルは愕然とした。そうよ、彼はエデンの谷を乗っ取ろうとしているんだわ!十四世紀のスコットランドを舞台にした愛と冒険の一大叙事詩の最終話!ライオンの忘れ形見キアランが放浪の末、本当の自分の居場所を見つけだす。


つ! ついに!
ハーレクインで二冊目の「童貞」が主人公であります
ヒロインの方は「二回目」であります
真実を知った時、「え」とカバー絵を魅入ってしまいました
こんなに筋肉隆々の人が……そんな……
と。
↑かなり嬉しい
妄想を駆り立てられる設定であります

童貞は可愛いであります★ただしエッチは下手であります
現実ではまずありえないシチュエーションですので
童貞経験のないかたはぜひお読みいただきたいであります


痛みを負った人間は、痛みを理解することができる
憎しみの固まりであるキアランが最終的に
ローレルの力になるために立ち上がってからは
一気に話が進みます
設定・ストーリー展開ともに
とても楽しめる一冊だと思います



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

精霊のいる塔

夫が亡くなり、実家のカーマイケル城に戻ったエルスペスは、かつての快活なおてんば娘の面影を失っていた。四年前に結婚したラバート・マンローは、妻を虐待する最低の夫だった。わたしは二度と結婚しない。たった一人で生きていく。夫が死んだとき、彼女はそう決意した。だが、兄ロスのすすめでハイランドの領地を訪れる途中、ある人物に再会して、その決意はもろくも崩れ去った。ルーカス!ラバートと同じ時期にエルスペスに求婚した若者。エルスペスはなぜか彼が怖くて、にべもなく申し込みを拒絶した。あのときの同じ男性とは思えないほどルーカスは成長し、すばらしい偉丈夫となっていた。以前と変わってしまったのは見かけだけではなかった。ルーカスは強引にもエルスペスを誘拐して城に閉じ込めたのだ!十四世紀のスコットランドを舞台に、人気のスザーン・バークレーが描く愛と冒険の一大叙事詩!前作から約十年がたち、すっかり大人になったルーカスが、宿敵マンロー一族を相手に活躍。


若き詩人を目指していた時は振られて
戦士になると結婚! という成り行きに
うーん。私だったらどちらが好みだろう……と半日ほど悩んでしまいました

○可愛い美少年
○ごつごつの戦士

悩みに悩んだ末戦士を選ぶことに
ということで、エルスペスを責める権利は私にはありません。
スザーンバークレーは様々なテーマに挑戦しますが
今回は「スピリチュアル」な世界に挑戦
ちょっと向いてないかな……とも思いましたが
期待以上の面白さでした

カバー絵も素敵です★やっぱり男は太い腕でないと
エルスペスもセクシーで中々宜しい。
最期にジリーの秘密が明かされた時はびっくり!
えーそうだったんだと。
最期まで楽しめること間違いありません
やっぱり人間ハッピーエンド大事ですよ



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ただ愛のために

サマーヴィル家とハーコート家
三百年のながきにわたって反目を続けてきた二つの一族。
しかし今、その不毛なる宿怨に決着がつこうとしていたー

自由と女性を愛してやまない奔放なアレックスは
14歳で家族を離れ、4隻の商船団を率いて方々を旅していた
海と結婚した自分が、陸に落ち着く日は来ないだろう
そう思っていたアレックスを、一生に一度の恋が捕える


愛してはいけないあなた。あなたはなぜサマーヴィルなの?サマーヴィル家とハーコート家―三百年の長きにわたって反目を続けてきた二つの一族。しかし今、その不毛なる宿怨に決着がつこうとしていた―。自由と女性を愛してやまない奔放なアレックスは、十四歳で家族を離れ、四隻の商船団を率いて方々を旅してきた。海と結婚した自分が、陸に落ち着く日はこないだろう。そう思っていたアレックスを、生涯一度の恋がとらえる。仇敵ハーコート家の娘ジェスリンは、しかし手強い相手だった。アレックスの愛をはねつけ、自分の本心にも目をつぶる。非道な父親に虐げられて育った彼女の心はひどく頑ななのだ。アレックスにできるのは、愛と誠意と忍耐を示すことだけ。サマーヴィルの者はただ愛のためにのみ結婚する。獅子の名誉にかけて、彼女の信頼をかちえてみせるぞ。


自由と女性を愛してやまない奔放なアレックスは、十四歳で家を離れ、四隻の商船団を率いて方々を旅してきた。海と結婚した自分が、陸に落ち着く日はこないだろう。そう思っていたアレックスを、生涯一度の恋がとらえる。しかし仇敵ハーコート家の娘ジェスリンは手ごわい相手だった。アレックスの愛をはねつけ、自分の本心にも目をつぶる。非道な父親に虐げられて育った彼女の心はひどく頑ななのだ。アレックスにできるのは、愛と誠意と忍耐を示すことだけ。サマーヴィルの者はただ愛のためにのみ結婚する。名誉にかけて、彼女の信頼をかちえてみせるぞ。


文庫版のカバーはジェスリンの実像とは違います。
彼女は赤毛、新書版の絵が正しいであります
*文庫版は黒毛
人気の作品で新書、文庫、スペシャル等々版が存在します
愛のサマーヴィルシリーズの2です

とにかく設定が怖い。本当に恋愛になるのか? と思うような
長年の反目だけでなく、
双子の兄を殺した一族の人間を本当に愛せるのかどうか

ストーリが進むに連れて
本当にハッピーエンドで終れるのかと心配になって来ました

ラストはびっくりです。
確かに男としての誠意を見せるのであればもうこれ以上のことは
ないと思います
日本人でもやりますが
しかしアレックスのご両親は悲しんだことと思います

ヒストリカルの歴史に残る大人気シリーズ
読んで損はありません!



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

愛を守る者

東方での死闘の末、奇跡の生還を果たした黒薔薇団の騎士六人。そのうちの一人、サイモンはダーレイ大聖堂の司教から贖罪として十字軍参加を命じられ、四年後、再び故郷の土を踏んだ。リネットは生きた彼を目にして、天にも昇る喜びを感じていた。忘れもしない。あれは四年前、サイモンの出征の前日だった。彼は男に襲われそうになったリネットを助けてくれた。その後、厩に逃げ込んだ二人は、夢中で愛を交わしたのだ。真っ暗闇の中、酔ったうえでの行為。サイモンは彼女をまったく覚えていなかった。だが、彼は今も暗がりで愛した薔薇の香りのする女を追い求めていた。その女が、彼の子を宿していたとも知らず…。


黒薔薇の騎士1
そしてヒストリカルロマンスの名手
スザーン・バークレーの最終作品であります。

出征前とは言え名前も知らない女性と何をしてしまう人間が
何が認知だ! 父親だ! と怒りを感じつつ話は進んで行きます
ロマンス小説というよりもミステリー小説
サイモンの父親を殺したのはだれか?? ということが
中心に話は進んで行きます。

「彼に子供を産んだ事を知られてはならない」

話が複雑にこんがらがり、
一体この話はどのような結末を???
途中それだけが気になり流し読みしてしまったのでありますが
流石はスザーン・バークレー女史。
見事としかいいようのない結末を用意してくれていました

「よかった……全てハッピーエンドじゃない……」

ヒストリカルの歴史に残る名作だと思います
ただ展開がこんがらがるので
時間がある時にゆっくり読む本だと思います
考えすぎると頭が痛くなってきます……



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

囚われの恋

南仏アルーズの城が襲撃され、非道な略奪に合って以来、ジェルヴァーズは領民とともに苦しい日々を過ごしてきた。
全てはサマーヴィるの所業。
憤る彼はおじの復讐計画に乗った。
サマーヴィる家の娘を誘拐し、身代金を要求するというのだ。

報復、そして領民のための金。
望みはその二つ。
狙いは英国一の財産を引き継ぐキャサリン・サマーヴィルだ。
誇り高くもどこか物悲しげで、蜂蜜色の髪が美しい女。
この血が騒ぐのは、彼女が憎き敵の娘だからか、それとも……


ヒストリカルの名手、
古スザーン・バークレーの名作であります
「夢見る騎士」のルーアークの娘キャサリンが主人公であります

半分ぐらいまで読み進んで
「なんだ、財産よりもキャサリンの方が価値あるじゃん」と
納得してしまいました。
いのししを捕まえて串焼きにし、
食料の確保、お金の使い方など
とにかくキャサリンは「有能」の一言
持参金なくても、彼女一人いれば一財産作れること間違いなし。
本当に「有能な女性」で
ジェルヴァーズの融通の利かなさに
むかむかする部分もありました

でもまあやっぱりパパの魅力には勝てなくて
個人的には年を取っていても
ルーアークパパの方が好き★
ラストも綺麗で本当文庫化されて良かったと思います





台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・バークレー | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM