聖戦の報酬

「わたしはそんな褒美は約束していない。熱に浮かされたのか?」
領主セットン卿にののしられ、バーナードは自分の耳を疑った。
あの時彼の聖地出征を条件に、確かにセットンは報酬を約束した。
無事に戻ったあかつきには、末娘クレアと領地が授けられるはずだった。
バーナードが四年にわたって当方の戦場を生き抜いてこれたのも、
騎士仲間五人の友情と、その約束があったからだ。
司教の立会いのもと、髪と交わした誓いに知らぬふりを通す気か?
怒りに燃えるバーナードは求めるものを手に入れるべく行動を起こした。
機を見て九レアを捕え、愛馬とともに城を飛び出したのだ。
身代金さえ受け取れば彼女を解放しよう。
今と同じ無垢のままで。
だが、心の底では分かっていた。彼女を手放すことなどできないとー


黒薔薇の騎士の第三弾。
王の定めによりのシャーリ・アントンの作品です
一番「十字軍」の本質を突いている作品だと思います
日本では宗教的色の濃い本というのは敬遠されますが
実際の十字軍というのはかなり俗深いもので
「贖罪」の名のもとに「少年」をかなり無理やり連れて行ったのが
現実であったようです

実際バーナードは穴だらけの鎖帷子にお古の兜、
そして老馬という準備で聖地に借り出されます
シャーリーアントンは容赦なく当時の様子を描き出し
その部分は涙が出てきそうなほどであります

そして「聖地」からの「聖物」についても
具体的に例を上げているのは非常に珍しい
実際妙な物が多かったらしいです……彼女はそれを否定するでなく
バーナードの行動を使って
微妙に表現しているのが印象的でした
十字軍に参加するのはこうした「聖なる商品を手に入れるため」という人も
多かったという本もあるぐらいです

この本は歴史的な面白さとという表現になるかと思います
甘ったるい恋愛が苦手な方に
ご満足いただけることと思います




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| シャーリー・アントン | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

王の定めにより

ノルマン人の初代王が統治するイングランドで、一人の少女が猪に襲われ、体と心に傷を負った。少女の名はアーディス、小さな土地の領主の五女。彼女は傷のせいで子供の産めない体になったと言われ、父親は大領主の息子との縁談を断った。アーディスの心が傷ついたのは、その相手がジェラードだと―若獅子と呼ばれる美しく力強い戦士だと知ったからだ。時がたち、娘になるころには運命を受け入れ、結婚をあきらめた。一度だけ会ったジェラードの思い出だけを胸に生きていくつもりだった。だが、彼に再会したことでアーディスの運命が変わりはじめた。ジェラード本人が改めて彼女を見そめ、求めてきたのだ。跡継ぎを産めなくても、彼の飽くなき情熱は受け止められる。後悔しないと確信したとき、アーディスはジェラードに身を任せた。


とにかくお腹を抱えて立つカバー絵が印象的で
これまた表紙買いしてしまいました。
文庫での購入です

かなり早い段階でアーディスとジェラードは結ばれるのですが
諸事情あり「結婚」に結びつかないのが
本当に可愛そうで「王様ー早くなんとかしてやれー」と
何度も思いました

昔は本当好きあっていても結婚は大変だったんでしょうねえ……
展開が早い話が苦手な方はやめておいた方が良いかもしれません
現代的なヒストリカルものが読みたい方にはお勧めです



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| シャーリー・アントン | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM