諍いの終止符

母親とふたりで貧しい生活を送るアシーニは、社交界にデビューする友人の話し相手としてロンドンにやってきた。お金持ちの貴族をつかまえる願ってもないチャンスだわ!アシーニは早速、舞踏会で出会ったハンサムな伯爵エイドリアンの気を引くことに成功した。しかし、伯爵のいとこニックのまなざしは冷ややかだった。アシーニの真意を疑い、彼女をエイドリアンから引き離そうとする。アシーニは自分の身分も忘れ、傲然とニックをにらみつけた。


もしロマンス小説の中で「墓穴掘り大賞」を探すのであれば
ニックが間違いなくそれにあたるかと思います

「お金目当てだろう!」
「お前は私生児だろう!」

とひどい物であります。
最後の最後まで墓穴を掘りまくる彼にはある意味
哀れみさえも感じるしだいでありました。

ラストはアシーニの両親もハッピーエンドを迎え
ほっとしました。
ニックも一生分もう失敗したので
これ以上墓穴を掘るような事はしないでほしいなあと思いました

弱い男性に、ついつい惹かれてしまう女性にお勧めです



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| ポーラ・マーシャル | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

エマと伯爵

十年前、富豪の一人娘エミリアはドミニクに恋をした。太っていて不器量なエミリアに、彼はとても優しくしてくれた。だが、ドミニクに求婚されたとき、彼女は断った。財産目当てと知ったからだ。その後エミリアの父が破産して自殺、彼女の人生は一変した。今は痩せて、見違えるほどの美しい女性に生まれ変わり、エマという名で家庭教師をしながら暮らしている。そして今度の雇い主は…伯爵となったドミニク!変貌したわたしを見て、彼は過去を思い出すだろうか。


シチュエーションとしていやだなあと思いました。
昔の求婚者に仕える!!! がすぐに分からないかったというのは
助かる??? いやいや。やっぱり屈辱的だなと思いました

二人の気持も良く分かったし
エマの求婚を断った気持も良く分かる中
話は一転・二転を繰り返し進んで行きます
王道的なロマンス小説。
安心して楽しめる一冊でした。
過激なエッチ描写もないですし
小学生でも読めると思います




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| ポーラ・マーシャル | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

運命の逆転

結婚式当日、花婿に捨てられたスザンナは、幸せいっぱいの花嫁から行き遅れの貧しい娘へと転落した。伯爵夫人になるはずだったのに、自らの力で生計を立てるしかなくなったのだ。そんな苦難の中、さらに大きな事件が起こる。職探しに行く道すがら、いきなり馬車に押しこまれたのだ!文無しの娘を誘拐するなんて、いったい何が目的なの?連れていかれたのは、目をみはるほど豪壮な屋敷。そこで待っていたのは、謎の大富豪ウルフだった。


普通の展開で考えると

間違えて誘拐→責任取って結婚!

と思うのですが、きちんと誘拐を軌道修正して
物語が進んでいく部分が面白い。
カバー絵も「美人ではない」というスザンナを想像するかのように
顔が写っていないのが妄想を誘って良いと思います

スザンナが途中何故魅力的になるのか分からず
??? となる部分ありましたが
恋はまた人を盲目にさせるのでありましょう

逆に裁判のシーンなどはドキドキして
メリハリのある話だと思います
ありきたりのロマンス小説から一歩踏み出したい人に



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| ポーラ・マーシャル | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

報復は甘く

急死した姉マリアンの家を訪ね、ロンドンにやってきたベルは、貞淑な未亡人であるはずの姉が高級娼婦と知って、衝撃を受けた。しかもそこにフランシス・ケアリー卿と名乗る男が押しかけてきた。マリアンに熱をあげた彼の甥の代わりに、醜聞になりそうな手紙類を取り返しに来たという。妹も同じ娼婦と決めつけ、人を見下した傲慢な態度をとる彼に、ベルは憤りを覚えて、一芝居打って出た。姉の商売を引き継ぐには、一度あなたのような人を客に取りたい、ぜひ十日後来てほしい、と言ったのだ。フランシスは色めき立った。彼女が欲しくてたまらなかった。ところが約束の日、いそいそとベルを訪ねると、彼女は消えていた!フランシスは復讐を誓い、その二年後、絶好の機会が訪れた。名を変え、裕福に暮らすベルとの再会に、彼は誓いを新たにした。じわじわ報復してやると…。


小さな嘘が大騒動に。
という王道的ストーリーでありますが
作者の見えざる手が働いていて
嫌味なく読むことができます

復讐は楽しいな★という空気で最初読み進むのですが
二人が本気になるにつれ
余計な事しなければ良かった……と
二人が後悔していくシーンがなかなか人間的で良かったです

ただ、カバー絵の二人はどうも嫌らしくて嫌いであります
田舎の避暑地での話なので
もう少し明るい色目の絵を入れてくれたら嬉しかったなあと思うしだいであります
変わったテーマものを読んでみたいなあと思う人に



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| ポーラ・マーシャル | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM