金鉱の花嫁

ケイトは、金鉱のある辺境の地へやってきた。父親が、この地でひと財産つくると言って出ていったのを、借金までして追いかけてきたのだ。それなのに着いてみると、父親はこの世を去っていた。故郷へ残してきた弟たちのことを思えば、この地で父親の商売を継いでひと財産作って帰るしかない。ところが法律によると、結婚をしていない移民は、商いを始めることができないという。そのとき、開拓者のクロケットを思い出した。騙されかけたときに毅然とした態度でかばってくれた彼なら、今回もきっと助けてくれるのではないかしら。ケイトは勇気を奮い起こして言った。「わたしと結婚してほしいの」。


ちと暗いし貧乏くさいであります。
辺境ものとしては「藁くじの花嫁」もありますが
あれよりかなり極端な貧乏くささであります
出てくるドレスも人から貰ったものであります
それが悪いと言う訳ではないですが
夢は少ないであります

変わったロマンス小説をお探しの人に



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| デブラ・リー・ブラウン | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM