乙女の告白

ロンドン社交界きっての伊達男マーカス・ラングリーは自ら独身主義を標榜し、美女たちと戯れていた。フランスとの戦から帰還した彼にとって、貴族社会の爛熟ぶりは虚しいだけだったのだ。そんな折、大おじが亡くなり、マーカスは領地の管理を任された。着いてみれば地所は荒れ果て、屋敷の中は見るも無残な状態だ。家政婦がいるはずなのに、なんたる怠慢―怒ったマーカスは老僕が止めるのもきかず、家政婦の部屋に入っていった。だが、そこには瀕死の娘がベッドに横たわっていた。娘の青灰色にけぶる瞳を見たとたん、マーカスは胸をつかれた。


あまり放蕩ぶりに病人が邸宅に出ても
誰も手伝いに来てくれない! というのは
あんまりだとは思いましたが
マーカスはその責任を取って結婚するのですから
偉い。

ただカバー絵のマーカスとメグは

「ただのイヤラシイ中年男性と美女」

的印象があり、なんとか変えていただきたい。

あとこのお話には「ゴージャスなお風呂」が
キーとしてでてきます。そしてその隣りにあるソファベッドも。
中々官能的であります
マーカスを側面から支援するダイアナもしっかりしていて
ポイント高いです。

大人向けのロマンス小説です
官能的な本をお探しの方に
きっとご満足いただけることと思います★



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| エリザベス・ロールズ | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

子爵の誘惑

デイヴィッド・メルヴィルことヘルフォード子爵は途方に暮れた。メルヴィル家を断絶の危機から救うには、すぐにも結婚し、家名を継がねばならない。だが、最愛の人を兄に奪われて以来、女性に関心を持てずにいる。こうなれば、妻はしかるべき条件を満たす者なら誰でもいい。そう決心して領地に急ぐ道すがら、彼の駆る馬車があやうく女性を轢きそうになった。女性は子爵の不注意を許せないとばかり、鋭く彼をにらみつけた。その瞬間、彼女の美しいはしばみ色の瞳が彼の心をとらえた。もう二度と、女性に惑わされることなどないはずなのに…。


エリザベス・ロールズの日本デビュー作ですが
時系列的には

仕組まれた花嫁

の後となります。
目が見えるようになった元気なペネロペが
物語の中で重要な役割を果たしてくれます

馬車馬系。つまり結婚の条件さえ満たしていれば愛がなくても
結婚する! というデビットとそれに対抗する友人達。
最後はその「条件を全く満たさない」花嫁を選ぶのですが
子供達のいたずらやら、友達の何気ない攻撃など
笑いの耐えない一冊でありました
夏休みにぴったりのロマンス小説だと思います
元気に楽しめる一冊です




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| エリザベス・ロールズ | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

謎だらけの美女

親友が結婚し、寂しさに襲われていた大地主のジャック。ある日ジャックは自宅の広大な庭で出会い頭に若い娘にぶつかる。彼が悪態をついた途端、彼女は逆に容赦ない言葉を浴びせてきた。彼女はいったい何者なのだろうか…。

さっき鉢合わせをした相手がはとこのジャックだったのかしら?
母が亡くなり、二人で暮らしてきた父が牧師の職を追い立てられ
クレシダは会った事もないジャックを頼ってここに来た。
だが実は、父が失業したのには恥ずべき理由があった
あの傲慢そうなはとこにだけは、それを知られたくないけれど……


エリザベス・ロールズの作品は
展開がトントンと進んで、飽きさせられることがないので
非常に読んでいていつも新鮮です

恥ずべき理由はおそらくはクレシダが関係しているんだろうな……と読み進んだのですが
結果は想像を越えていました
うひょーそれじゃあ。牧師も首になるさねと
驚きの展開であります

ま、とにかく「愛人になれ」「愛人になれ」といっていた人間が
急に結婚といっても取り合って貰えないのは普通でありまして……
ロマンス小説というよりもミステリーの要素を重視して読んでいると
楽しめるのではと思います
(そう大した謎ではないかもしれませんが)



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| エリザベス・ロールズ | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

仕組まれた縁組

うるわしい春の宵、オールマックス舞踏会場はいつものようにきらびやかな上流階級の人々でにぎわっていた。宴もたけなわというとき、会場の入り口がざわめき、一人の紳士が現れた。第七代ダーレストン伯爵―社交界が注目する今年いちばんの花婿候補だ。上背があり、このうえなく優雅でハンサム、そのうえ男やもめとくれば、レディたちが放っておくはずがない。彼はたちまち踊りの輪の中に吸い込まれた。


第一印象だけでお互い結婚してしまう。
しかも花嫁は目が見えない! というお話であります
真実を知ったピーターがもっと怒るかな??? と思いましたが
そうでもなかったですね。ちょっとその辺はびっくりしました
話は更にこんがらがりながら
進んで行きます

盲導犬が出てくるロマンス小説は初めてであります
思いがけない愛を見つけるのが好きな方に
面白い、楽しめる一冊だと思います




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| エリザベス・ロールズ | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM