<< 情熱のとりこ | main | 魅惑の独裁者 >>

ただ一度あなただけ

エリーの経営するホテルに大富豪のダニエルがやってきた。婚約中の身で別の女性を同伴する彼に、エリーは嫌悪感を抱く。さらには、連れが帰ったので部屋に来ないかと彼女を誘ってきた。まったく、信じられないほど厚かましい男だわ。できるだけ距離をおこうと考えた矢先、病欠の従業員に代わって、ダニエルの部屋のベッドメーキングをすることになってしまった。大きくノックをして不在を確かめてから中に入っていくと、バスルームのドアが開く音がし、エリーは凍りついた。振り返るとそこには、一糸まとわぬ姿のダニエルが立っていた―。


アレルギーのある人が読むと感情移入することが多い話だと思います
ダニエルはある「香水」のアレルギーなのですが
嫌がらせに対するダニエルの行動は笑える? いえいえ。
とんでもないことをしたので
うーん。アレルギーの人の気持ちは分かってあげねばならんなあと
つくづく思いました

ただ、あんまりロマンス小説らしくはないです
ちょっとした謎探し? 本のような気がします




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| 現代物 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM