<< 愛、ふたたび | main | あの日、パリの街で >>

舞踏室の微熱

19世紀初頭のロンドンで、人々はエジプトと名のつくものすべてに熱狂していた。伯爵令嬢ジュリエットもかの地に魅せられ、古代文字の解読に情熱を注いでいる。そんな中、エジプトから帰還した冒険家モーガンが伯爵家に滞在することになった。秘宝で埋め尽くされた舞踏室で、型破りで大胆な冒険家とともに研究にいそしむうち、世間知らずの令嬢の眠れる感情が少しずつ熱を帯びていく。だが二人の密やかな恋が花開こうとするころ、屋敷では秘宝をめぐる謎めいた事件が次々と起きて…。ヒストリカル・ロマンス界稀代の人気作家、RITA賞ファイナリストをついに初邦訳。


文庫版なのに「初邦訳」なのでちょっと高い。
デボラ・シモンズは好きなのですが
買うときにしばし悩んでしまいました
エジプトものです

簡単にいうと

舞踏室にエジプトの遺物が置いてある

ということなのですね。
題からはエジプト系というのが非常に分かりにくいです。

私自身エジプト系の本が好きで
大分読んだことありますが
デボラシモンズもかなり勉強されていて
エジプトが好きなひとでもその大事な世界が
破壊されることはないです
緻密に計算された文章、展開は
ヒストリカル系のさすがはRITA賞ファイナリスト! であります

「伯爵以上でないと結婚を許さない!」という一言から
どーせモーガンは……と思っていたのですが
その「秘密」の暴露が
ラスト、どどどどーと他の秘密に合わせて公開されるので
↑読者はそれを期待している
 当然ハッピーエンド!!!
そう「わざとらしさ」を感じなくて良かったです

ちょっと高いとはいっても、新書版よりは安いです
是非ヒストリカル好きな方はお読み下さい
現代物が好きな人にはちょっと量が多いかもしれません

ミイラの呪いなんてないんです。
あるのは人の汚い思いだけ
デボラシモンズはやはりすばらしい書き手だと
実感しました







台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| デボラ・シモンズ | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://harlequin.e-phoenix.biz/trackback/1082756

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM