<< 結婚と打算と3 | main | 償いの結婚式 >>

野の花に寄せて

酒癖の悪い父が亡くなり、牧場主サムに引き取られてからも、リオは父の噂を十字架のように背負い、人々に蔑まれて成長した。今、唯一の理解者だったサムが心臓を患い、死を目前にしている。サムの息子ケインが牧場を継げば、わたしは追い出されるだろう。ケインもまた、いつもわたしを厄介者のように扱い、身寄りのない哀れな女だと言わんばかりの態度をとるのだ―わたしがひそかに彼を愛していることに気づきもせず。だがある夏の晩、ケインは突然リオを抱きすくめ、唇を奪った。激しい情熱、そして不可解な怒りと軽蔑を瞳に宿して。


亡くなってしまうシーンがあるので
ちょっと悲しい本が苦手な方には向いていないかもしれないです
でも、リオの父親を遠くの墓に追いやり
その母親の墓の隣にちゃっかり眠るというのは
究極の選択かもしれないですこの時点でようやく回りは
その意味を知るわけですから

ある意味「一度結婚したら最後まで」というのは
美しいようで、こうした犠牲を生むのだなと思いました
作者のスーザン・フォックスは特に表現を膨らますでなく
さらっとこうしたことを書いています

リオは「新しいお墓を掘るように言って、あそこから離れたところに!」

とお葬式の最中叫びます。それはまあ。そうでしょう。
意地悪なケインの義母の策略により紆余曲折するのでありますが
休日、ドキドキ心をを揺さぶられるような
時間をもし過ごしたいと思うのであればお勧めです
ちょっとないてしまいました……。






台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| 現代物 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://harlequin.e-phoenix.biz/trackback/1151592

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM