<< 結婚と打算と 1 | main | あの愛をもう一度 >>

燃える砂丘

モデルのセーラは不運な落馬事故によって片足が不自由になり、仕事を失ったうえ、薄情な婚約者にも捨てられた。ある日、偶然開いた上流階級向けの雑誌に奇妙な広告を見つける。“資産家の話し相手として外国で暮らせる、若い英国人女性求む”なんでも広告主は砂漠の地ベニ・ザインの首長ということだ。ちょうど、つらい現状から抜け出したいと思っていたセーラは、新しい人生への期待を胸に、未知なる異境に降り立った。だがそこには、謎の男からの思わぬ出迎えの言葉が待っていた。「君はわれわれ砂漠の男に襲われたくて、ここまで来たのか?」。


なんとなく足を怪我してしまったモデルという設定が気になり購入。
最近シーク系あまり苦手なのですが
*ちょっと読みすぎて食傷気味
妹のコンパニオン(付き添い)ではなくて
兄の方の付き添いを一目ぼれで募集してしまうという展開は
読んでて

「それはさすがに鬼畜だろう」

と思いました。
主人公のセーラも相当抵抗します
そりゃそうです。
ラストの数ページでようやくハッピーエンドに向けて
話が進んでいくのですが
長々と男女の喧嘩のような状態が続くので
そうした話が苦手な方には向いてないと思います

シーク系が好きな人にはいけると思います




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| 現代物 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://harlequin.e-phoenix.biz/trackback/1157343

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM