<< あの愛をもう一度 | main | デイジー・メイ >>

別れの薔薇でなく

社長のラングは頑固で高慢、おまけに移り気で癇癪持ち。あんな人のどこがいいのかしら、と秘書のニコラは思う。ブロンド美人がお好みのプレイボーイで、新しい女性が現れるたび、それまでのガールフレンドに別れのしるしの赤い薔薇を送りつけてお払い箱にしてしまう。その花を手配するのは、いつもニコラの役目だ。それだけでもうんざりなのに、よりによって、今度は私の妹に目をつけるなんて!妹は夫ある身。なんとか二人を引き離さなくては…。


あてつけ、ではなくて
本気にヒロインの妹に手を出そうとする
ラング。これに切れるのは当たり前ですが
なんとも気の利いた会話が多くて
楽しめるオフィスラブ系、恋愛です

単純に楽しめる一冊だと思います
ちょっと傲慢なヒーローがお好きな方に





台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| 現代物 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://harlequin.e-phoenix.biz/trackback/1157352

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM