<< 別れの薔薇でなく | main | よみがえる情熱 >>

デイジー・メイ

ジュディの夢は、造園コンサルタントとして成功すること。だが、淡い金髪に大きな青い目、女性らしすぎる体つきのせいで、能力を正当に評価してくれる顧客にはなかなか巡りあえずにいた。今日もまた、訪問先の大邸宅で庭師らしき男性にからかわれ、ジュディはその庭について率直な意見を述べて応戦する。真剣に耳を傾ける彼に、思いがけず好感を持つジュディだったが、そのときの彼女には知るよしもなかった。目の前の男性が決して手の届くはずのないセレブリティ、高名な建築家であるマルコム・スチュアートだということを。


デイジー・メイとは花の名前などではなく
なんだか昔の? アメリカ系の? アニメのヒロインの名前のようです
どうもエマ・ダーシーのロリロリファッションが苦手なのですが
内容もそうしたイメージですね。
障害を持った子供なども出てきますが
おもちゃのように可愛いヒロインと
年配の男性とのロマンス
昔的な? ハーレクインロマンスだと思います




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| エマ・ダーシー | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://harlequin.e-phoenix.biz/trackback/1157355

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM