<< 雇われた夫 | main | 愛に怯えて >>

プレイボーイの純愛

サマンサは亡父の跡を継ぎフォーチュン家の牧場を管理している。17歳のとき、ひと夏だけここに滞在した御曹司のカイルに恋をし、身も心もすべて捧げ、めくるめくような熱い時を過ごした。彼が都会に戻ってしまっても、この愛は続くと信じて。数カ月後、そんな彼女のもとにカイルから一通の封書が届いた。期待に胸をふくらませながら開封してみると、なんとそれは、別の女性と彼の結婚式への招待状だった…。あれから10年。牧場を相続することになったカイルが、洗練された大人の男となって、再びサマンサの前に姿を現した。名家の彼にとっては、ひと夏の恋でも平凡な私には…純粋な愛だった。永遠に輝く愛。


一冊目が良かっただけに良くわからない一冊でした
また最初の導入部分がさらに???
内容も田舎娘を都会の男性が踏みにじって孕ませて逃げるという
最悪物
勿論ハッピーエンドではあるのですが
卑劣系が入るので、週末ゆっくり読む一冊には向かないかと
結構読んでイライラしました




台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| 現代物 | 13:49 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM