<< 花嫁の持参金 | main | 逃げた相続人 >>

花嫁泥棒

四年前、イザベルの父は反逆罪で死刑となり、その日を境に彼女の運命は一変した。伯父に引き取られたものの、従姉イヴリンにいじめられ召使い同然の暮らしを強いられる、どん底の日々が続く。けれども、そんなイザベルを見初めた男性がいた。お節介な兄たちの差し金でイヴリンに求婚しに来たジャスティンだ。彼は、美しいが性格の悪いイヴリンではなくイザベルに惹かれ、イザベルを得るため、ある夜、大胆このうえない行動に出た。


愛と称号と財産のシリーズ第三弾であります
私は前の二冊を読む前に読んでも感動しましたが
二冊読んだ後の方がより感慨深く読めるかと思います

あのアレクサンダーがふけてお金儲けをしてる!
ヒューが嫁さんにのろけてる!
結構コアなファンにはたまらないシーンが大量にあります
主人公は前二作では完全に脇役であった
まじめ人間ジャスティン。

全ての意味で「花嫁泥棒」というテーマが
あちこちに出てきます
考えてみればイヴリンも花嫁の資格? をジャスティンに拒否されてしまったわけで
盗まれたといえるかと思います

華やかなロマンス小説の部分と
人間の醜い部分を見事に描きわけ
最後は四人の騎士揃っての出陣! であります
個人的には僧侶であるヒューゴまで何故戦う??? と思いますが
「四人」とだけの記載ですから
実際はクリスティンがヒューゴの替わりに出たのかもしれないです

面白いです。



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・スペンサー・ポール | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM