<< 聖なる刻印 | main | 秘められた情熱 >>

美しき女戦士

キャサリンは十四歳のころから領主としてロマを支配してきた。ところが二十一歳の今、その地位が揺らぎはじめている。国王の摂政たちの差し金で、かつての領主だった男の息子にロマが返還されるというのだ。それも、彼女を花嫁にするという条件で!会ったこともない男の花嫁!そんな男の言いなりになるのはいや!ロマを訪れた花婿に、キャサリンが門前払いを食わせると、彼は武力で、あっという間に城を制圧した。予想とは異なり、セネット・ゲイラールはきわめて男前で、しかも紳士的。だが、彼の言葉は情け容赦がなかった。「おれは正式にロマに付随するすべてのものの引き渡しを要求する。そのなかには…きみ自身も含まれる」。


大好きな「愛と称号と財産」のシリーズ
復刊ありがとうーーー
と即買いました。

今回の主人公は前回の主人公の弟セネットであります
最初の展開から中盤は本当に「勢い」で進んで行きます
ちょっとした中だるみ感? はありますが
サブキャラのキアランが思わずいい味を出していて
ラスト、大笑いで楽しむ事ができました

キラキラ感は少ないですが
楽しめる一冊だと思います
次の主役はクラリスにジョン・イプリスかしら???
楽しみであります
若い恋人の情熱を信じられる方に



台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| スーザン・スペンサー・ポール | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM