<< 結婚の意味 | main | 真夜中のランデブー >>

炎に触れて

突然の再会に、チェルシーの声は震えた。「しばらくね、ラフ」「元気そうだな」久々に会う夫は相変わらず自信に満ちて見えた。貴族の血筋と巨万の富に加え、彼には女性をひきつける魔力がある。
若かったわたしも、いとも簡単に彼のとりこになった。
そして人形のように操られ、権力争いに利用されたのだった。真実を悟った私が家を飛び出してからもう二年、それ以来、彼は社交界で華やかな恋の噂を撒き散らしていた。でも目の前にいる彼の指輪には、まだ指輪が光っているー
愚かな期待に、チェルシーの旨は激しく高鳴り始めた


傲慢だけど最後は優しい系のヒーローが好みの方にはお勧めです。
ヘレン・ビアンチンの作品は二本目ですが
嫌味の無い展開に好感が持てました

毎晩きみに電話をかけながら、
つながる直前に受話器を置いた。みじめだったよ

愛人が一人もいなかった? 二年間女性に接しなかったの?
そんなばかな。
でも、そういえばわたしだって男性に接しなかったわ

いい男が一途になっていると
それだけでドキドキしてしまいます。
休みの日に落ち着いてノンビリと楽しんで読める一冊だと思います





台湾鳥街 自宅を花鳥園・ハーレムにする方法! 台湾美人鳥写真集
| ヘレン・ビアンチン | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://harlequin.e-phoenix.biz/trackback/964245

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM